OKIトナー,イメージドラムの製造日・期限の見方

23.OKIトナー期限の見方

今回の「トナーの損をしない売り方は」OKIのトナーやイメージドラム等の製造日の見方になります。OKIはお問い合わせの多いメーカーの一つになります。ちなみにお問い合わせの多いメーカーは、キャノン、リコー、富士ゼロックス、OKI、エプソンが多い会社になります。お客様からOKIのトナーなんだけどどうやって製造日を見るの?と聞かれることが多いのですが、画像にあるアルファベットや数字の羅列から製造日を判断する事が出来ます。

※簡単な見分け方は白箱ですと旧版の物になります。今は茶箱が主流でお手持ちのOKIのトナーが白箱だと5年以上経過している可能性がありますので注意が必要です。

41.OKIトナー期限の見方

一般的には画像のようにアルファベットと数字の羅列の末尾に近いアルファベットの前の数字が82JMだと2018.02に製造されたものとされておりますが、OKIのトナーやイメージドラムによってアルファベットの羅列等により統一されておらず判断が難しい物があります。

調べて欲しいというお客様がいらっしゃいましたら画像をお送り頂ければ当方で査定させて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。


よろしければシェアお願いします

2019年11月に投稿したトナー買取エコプライスの記事一覧

この記事のトラックバックURL

エコプライスの出張買取対応エリア

東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。
※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

(株)げんぶ堂

〒350-1101埼玉県川越市的場1-29-35

TEL:0120-535-720FAX:049-265-3559電話受付時間:10:00~18:00

【古物商許可】
埼玉公安委員会第431080039605号
古物商名称:(株)げんぶ堂
埼玉公安委員会第431330031208号
古物商名称:植木 礼仁郎

PAGE TOP