「トナーの買取価格(価値)が下がる理由」トナーを高く売るコツ!

14.キャノントナー046

何時も多数のお問い合わせを頂き誠にありがとうございます。トナー買取専門店エコプライス店長の植木です。今回のトナーを高く売るコツですが、箱痛みや、製造日以外での減額ではなく、まったくの新品未使用品のトナーが徐々に買取価格が下がる理由について説明させて頂きます。複合機はお使いになられていると徐々に経年劣化などで故障が出てくるかと思います。そうなると修理するより買い換えた方が安いというケースもあり、購入してから5~6年をめどに買い替えを検討される会社様も多いかと思います。そうなってくると、いらなくなったトナーの価値事態が下がり始めます。例で言いますとキャノンの322Ⅱトナーを欲しいという方が徐々にいなくなってしまい、需要と供給の問題で供給が増えると相場が下がり、トナーの買取価格が下がる傾向があります。トナーの買取店のHPなどでも、トナーが古くなる前に売る事と書いてある所もあるかと思いますが、トナーの使用推奨期限の他に、古い機種だと同じ機種を使われている方が買い換えて少なくなってしまっている為トナー自体の需要が下がり買取価格が下がる場合があるからです。なので、複合機やいらなくなったトナーがありましたら早めに売ることがトナーを高く売るコツになります。倉庫や棚にいらなくなったトナーがありましたらお気軽にお問い合わせください。


よろしければシェアお願いします

2019年8月に投稿したトナー買取エコプライスの記事一覧

この記事のトラックバックURL

エコプライスの出張買取対応エリア

東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。
※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

(株)げんぶ堂

〒350-1101埼玉県川越市的場1-29-35

TEL:0120-535-720FAX:049-265-3559電話受付時間:10:00~18:00

【古物商許可】埼玉公安委員会第431330031208号
【特定国際種事業者】事業者番号 S-3-11-00213

PAGE TOP