トナー高く売るコツ!トナーの使用推奨期限と製造日の違い

38.使用首位小期限と製造日の見分け方 トナー

何時も多数のお問い合わせ誠にありがとうございます。トナー買取専門店エコプライス店長の植木です。今回のトナーの高く売るコツは、たまに勘違いでお問い合わせを頂く件で、トナーの使用推奨期限と製造年月日の間違えです。トナーには会社によって使用推奨期限がかかれていたり、製造日がかかれていたりするので、わかりづらい部分があります。キャノンはトナーは製造日が記載されていることが多く、富士ゼロックスは製造日だったり、使用推奨期限だったり2パターンあります。エプソンも同様に製造日だったり、使用推奨期限だったり2パターンあり、物によってはバーコードと数字の羅列から製造日が判断できるものがあります。リコーは茶箱の細長い筒のトナーは刻印の最初の数字が製造年だったり分かりづらいです。これだけ会社によってさまざまなのですから、期限が切れていると思うものが実は製造年月日で期限が切れていないトナーもあります。簡単に判断するなら、使用推奨期限はきちんと使用推奨期限と書かれております。数字だけの場合は製造年だと判断ください。


よろしければシェアお願いします

2019年5月に投稿したトナー買取エコプライスの記事一覧

この記事のトラックバックURL

エコプライスの出張買取対応エリア

東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。
※内容によってはご希望にそえない場合がございますのでご了承ください。

エコプライス

〒356-0051埼玉県ふじみ野市亀久保1776-38

TEL:0120-535-720FAX:049-265-3559電話受付時間:10:00~18:00

【古物商許可】埼玉公安委員会第431330031208号
【特定国際種事業者】事業者番号 S-3-11-00213

PAGE TOP